事務所便り

墨田区の税理士・大西会計事務所事務所便り → 2011確定申告をした税金の納付の方法について

事務所便り

2011年2月

拝啓

 残寒の候、皆々様におかれましては、ますますご盛栄のこととお喜び申し上げます。

 さて、毎年恒例の確定申告時期がやって参りました。所得税の申告書受付は2月16日より始まり、還付申告書や贈与税申告書の受付は既に開始致しております。貴社の社員様等で下記に該当する方がいらっしゃいましたら、確定申告をすると税金の還付を受けられる可能性がございますので、今一度ご確認下さい。

【医療費控除を利用できる方】

  1. 22年中に支払った医療費が10万円又は所得金額の5%(どちらか少ない金額)を超えている方。ご自身の医療費はもちろん、生計を一にしている扶養親族でない人のために支出した医療費も控除対象となります。尚、生計を一にするとは、必ずしも同居を意味しているわけではなく、その親族間で生活費等の送金が行われていれば生計を一にしている事になります。
  2. 以前に医療費控除等の申告をやり忘れている方で、過去5年間確定申告をしていない方は、平成18年分以降さかのぼって還付申告をする事が出来ます。

【障害者控除に該当する方】

 所得税や住民税を申告する際、障害者手帳をお持ちの方は税金の控除「障害者控除(障害者控除:27万円、特別障害者控除:40万円)」を受ける事が出来るのは既にご周知の事と存じますが、この他、障害者の方だけでなく、身体の衰えや認知症の程度が一定の基準に該当すると認められる高齢者の方も、この「障害者控除」の対象となります。

 尚、申請方法や判定基準は、区役所・市役所ごとに若干異なりますので、ご注意下さい。

 ご不明な点等ございましたら、担当者までお問い合わせ下さい。

敬具

東京都墨田区錦糸3丁目2番1号
アルカイースト5階
大西会計事務所
TEL03(3626)2035
FAX03(3621)3843
作成者 岡崎万里